宇部興産Gの検査不正で取引先は?株価への影響と今後の対応を調査

皆さん、こんにちは、ケンです。

ヤフーニュースを見ていると気になる記事がありました。宇部興産グループ会社が製品検査の一部を実施せずにスルーしたまま出荷したとのことです。

宇部興産株式会社といえば、連結売上高6千億円の大企業です。これはヤバイんでしょうか?

日本株に影響あり?株が下がれば年金にも影響出ますから。

そこで今回は、

  • 宇部興産グループ会社の不祥事の概要
  • 検査不正の理由と取引先は?
  • 株価への影響は?
  • 今後の対応

以上について調べていきたいと思います。

それでは見ていきましょう(*^^*)!

Sponsored Link

宇部興産グループ会社の不祥事の概要

1.判明した事案の内容

(1)対象製品:
UMP 社が販売する低密度ポリエチレン製品のうち主として押出被覆用途向けに販売された製品で、同社が販売するポリエチレン数量の約7%に相当いたします。

(2)不適切行為の概要:
2017年11月より当社グループ全製品の品質調査を行っていた中で、当社千葉石油
化学工場が生産を請け負う低密度ポリエチレン製品において、お客様への納入仕様書に規定された製品検査項目の一部について実際には試験・分析をしていないにもかかわらず、検査成績表に記載している事実が12月11日に確認されました。

なお、本行為の開始時点は、現在調査中です。
(3)出荷先数:
対象となる製品が出荷されたお客様は33企業グループ(50社)です。
http://www.ube-ind.co.jp/ube/jp/news/2017/pdf/20180223_01_01.pdfより

宇部興産株式会社の子会社(厳密には持分法適用会社)「宇部丸善ポリエチレン株式会社」がる低密度ポリエチレン製品を一部の検査項目をスルーして出荷してしまったということです。

ポリエチレン製品って言うと、ケチャップやマヨネーズの容器が思い浮かびますね。

一番まずいのは、2017年12月11日に事実がわかってから、公表が2018年2月23日になったことでしょう。

3ヶ月も経過してしまってます。

(もしあれば)被害を最小限にするためにも、すぐに公表するのがベストだったのでは。

ネットでも、


ですが、顧客たちにはもうすでに謝罪と補償の話は済んでる可能性もあります。

検査をスルーした製品購入業者と話が済んでるならいいですが、もし購入業者が今日知ったとしたら、たしかに遅すぎますよね。

宇部興産グループの検査不正の理由と取引先は?

宇部興産からの検査不正に対しての情報開示では理由については、不明です。

考えられる理由は、

  • 1. 担当者の異動等で混乱し、うっかり忘れていた。
  • 2. 人員不足等でわざとスルーした。
  • 3.業界の慣行的に昔からしていた。
  • 4.コストカットのため故意にやった。

などでしょうか。

する必要のないほど影響のない検査だったのか。

それとも重要な検査だったのか?

少なくとも納品書にに記載のある検査項目であったので、その部分は未実施であったということですね。

取引先はどこ?

公表されておらずわかりませんが、売上高からみてもかなり製品は幅広い業界で使用されています。

例えば、ケチャップやマヨネーズ他食品の容器ということですので、キューピーやデルモンテ、コンビニ等が思いつきますね。

Sponsored Link

宇部興産グループの今後の対応は?

会社のホームページのIR(情報開示)を読むと、

3.今後の対応方針
当社では、2017年12月27日付で対策本部(本部長:代表取締役社長 山本謙)を設置し、 製品の品質に問題のないことの確認とお客様に対するご説明を進めるとともに、原因究明と再発 防止に向けた調査、検討を進めてまいりました。

さらに、2018年2月21日付で当社と利害関係のない弁護士及び社外取締役で構成され、 当社取締役会から委嘱を受けた独立性・中立性が担保された調査委員会を設置し、原因究明及び 対策本部が策定する再発防止策の妥当性を検証するとともに、本件に関する当社の対応全般につ いても妥当性を確認してまいります。

なお、本件による業績への影響につきましては、現時点では不明です。
http://www.ube-ind.co.jp/ube/jp/news/2017/pdf/20180223_01_01.pdf

製品の回収等はもうできないということでしょうか。

会社の情報開示をよむと

  • 1. 顧客には大丈夫だと説明をすすめる
  • 2. 再発防止に務める

以上に読めるんですが、あなたはどう読みますか?

宇部興産株式会社の株価への影響は

宇部興産株式会社の株価への影響はあるんでしょうか?

不祥事が発覚したのは、宇部興産の子会社(厳密には持分法適用会社)「宇部丸善ポリエチレン株式会社」。

「宇部丸善ポリエチレン株式会社」の売上高は250億円でそのうちの7%(17.5億円)に検査をスルーした製品が含まれています。

これに対し、宇部興産株式会社の2016年度の利益は、2,637億円。2017年度は昨季より増益予想です。

ということは、

今回の不祥事の規模は、2016年度の利益ベースで宇部興産株式会社の利益の約0.7%程度となります。

さらに厳密には、宇部興産㈱は子会社の50%しか株式を保有してないので連結利益に与える影響は約0.7%の半分0.35%程となります。

今のところ宇部興産㈱の利益に与える影響は軽微である(ほんの少し)と考えられ、

株価に対しても多少は下がったとしても、あまり影響はないんじゃないでしょうか。

ただし、芋づる式に不祥事が拡大したり、対応を誤って、評判が落ちてライバル企業に顧客を奪われたとしたら影響は拡大するでしょう。

あといつものことですが、不祥事って、株価への影響を避けるために、金曜日に株式市場が閉まってからリリースしますね。

株式投資をしてる人は、金曜持ち越しを気をつけたほうが良いですね。

まとめ

宇部興産株式会社の今後の対応は、

  • 顧客に説明をする
  • 再発防止に務める

株価への影響は?

現時点では軽微(あまりない)

とりあえず、日本の株価や経済への影響はあまりなさそうでした。

個人的には株価が上がって年金問題が解決して、みんなが安心して老後を迎えられないかなあなんて考えてしまいますね。

最後までお読み頂きありがとうございました。



Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です