夏の甲子園予選2018・南北大阪大会の日程と結果!注目選手と優勝候補も予想してみた

こんにちは、高校野球大好きのケンです。

明石トーカロ球場で春季近畿大会観戦楽しんできました。ホームランが少なくってちょっと残念でしたが、逆に投手のレベルが高かったとも言えると思います。上の画像は春季大阪大会表彰式の模様です。

高野連のトップが閉会式で言ってましたが、いよいよ2018年夏の甲子園予選が始まりますね。

2018年は第100回記念大会となり出場校が56校となり、大阪からはなんと2校出場できるんです。

燃える大阪大会がさらに盛り上がりそうですね!近所の高校が勝ち進むとなれば、応援に力がはいること間違いなし。

近所や親戚のお宅に出場校へ通ってる子供がいたりしたら、井戸端会議に花が咲くってもんよ。

そこで今回は、

  • 2018年夏の甲子園予選・大阪大会(南北大会)の日程
  • 注目選手
  • 優勝候補を予想
  • 夏の甲子園2018・大阪予選結果速報

以上について見ていきたいと思います。

それでは見ていきましょう(*^^*)!

Sponsored Link

夏の甲子園2018・大阪予選の南北大会日程

まずは素朴な疑問から。

Q:南北大会で日程は違うの?
A:基本的には同じです。開会式も同じ日程と場所で行われます。

Q:組み合わせはいつ決まるの?
A:6月22日(金)に抽選会が行われ、そこで決まります。

では日程を見ていきましょう。

  • 7月7日(土) 南北合同開会式・京セラドーム
  • 7月7日(土) 南北合同開幕戦・京セラドーム
  • 7月8日(日) 万博、南港中央、花園、住之江他球場で1回戦が始まる。
  • 7月28日(土) 南地区決勝戦(大阪シティ信用金庫スタジアム)
  • 7月29日(日) 北地区決勝戦(大阪シティ信用金庫スタジアム)

※ただし雨天順延の可能性があります。

Q:南北の地区分けの基準をおしえて

A:以下にまとめました。

北地区
大阪市内は、鶴見区、中央区、城東区、旭区、東淀川区、西区、都島区、港区、北区、福島区、此花区、淀川区、西淀川区、東成区

大東市より北にある高校

有名校:大阪桐蔭、履正社、関大北陽、関西創価、東海大仰星

南地区
大阪市内:北地区以外の地区
東大阪市以南

有名校:大体大浪商、初芝立命館、上宮、阪南大、近大附属、近大泉州

地区分けの感想
よく言われるのが、北高、南低。北地区に履正社と大阪桐蔭が入ってるので指摘する人がいます。

ですが、FIFAランキングみたいなシステムがない以上地区によって分けざるを得ないのかなって感想ですね。

個人的には南地区代表が甲子園であっと驚く活躍をして、批判の声を跳ね返してほしいと思ってますよ。

熱闘甲子園を見ると、2017年の夏の甲子園では、失点の少ないチームが勝ち上がってますね。楽天なら送料無料↓

 

夏の甲子園2018・大阪予選の優勝候補は?

歴代夏の大阪大会で優勝したのは、

2017年大阪大会:大阪桐蔭
2016年大阪大会:履正社
2015年大阪大会:大阪偕星
2014年大阪大会:大阪桐蔭
2013年大阪大会:大阪桐蔭

大阪桐蔭が近年大阪では安定して強いですね。

2018年大阪大会は、北地区と南地区に分けて見ていきたいと思います。

評価項目は投手力、守備力、打撃力で見ましたが、S判定の基準を大阪桐蔭高校にしましたので、厳しめの判定となりました。

大阪大会と近畿大会を観戦し、独断と偏見で評価しましたので皆さんの意見もおしえていただければありがたいです。夏までに急成長するノーマークの高校が出てきて大逆転出場あるのかも注目したいと思います。

北地区大会の優勝候補

本命:大阪桐蔭高校

投手力S
守備力S
打撃力S

理由
とにかく選手層が厚い。

投手陣は、根尾昴投手、柿木蓮投手、横川凱投手の三枚看板だが、さらに藤原恭大選手他もハイレベルに投手をこなせる選手が控える。

動画は春季大阪大会決勝で9奪三振完封の根尾投手です。

守備力も一流。

打線も根尾、藤原、中川、山田他主軸の破壊力は抜群!動画は近畿大会決勝ですが、クリーンアップ打線が火を吹いてました。

弱点は?

あえて弱点をあげるとすれば、春から公式戦無敗であること。

負けたことがないチームというのは、大舞台ほどプレッシャーを感じるもの。大阪桐蔭と対戦するすべてのチームは失うもののない挑戦者として向かってきますねし、心理的に受け身になって、プレッシャーがかかる場面で信じられないミスがでるかも。

投手陣も本格派が揃っており、特に3枚看板は監督の信頼が厚いので3失点くらいでは継投してきません。ということは、

先発投手を攻略すればチャンスがあるということです。

もちろん王者として跳ね返す力(厚すぎる選手層)も持っていると思います。

※ただし練習試合では、中京大中京、愛産大三河に敗戦しています。ダブルヘッダーの連戦で西谷浩一監督に鍛えられてるみたいです。

ダブルヘッダー連戦してたら、そらバテて負けるわ。本気で春夏連覇狙ってますね。

対抗その1:履正社高校

投手力A
守備力A
打撃力A

ポテンシャルは大阪桐蔭高校に近いが、波がある。春季大阪大会で興国高校に0対4で敗戦したのは衝撃でした。

対抗その1:関大北陽
画像は関大北陽のサウスポー北口投手

投手力B
守備力A
打撃力A

春季大阪大会決勝で大阪桐蔭と対戦するも、0対9で敗れたので少し厳し目の評価にしてます。投手陣は疲れがなければ・・とも思いますが、10四死球とエラー2つが大量失点の原因になりました。

プレッシャーのかかる一戦でミスをなくすのが課題。吉野投手、北口投手等いいピッチャーいるんで四球やミスを減らせれば優勝も見えてくると思う。

南地区大会の優勝候補

本命:大体大浪商
画像は春季大阪大会準決勝 大阪桐蔭戦の江畑投手。

投手力:A
守備力:A
打撃力:A

夏の甲子園に向けて右の江畑投手、右の立石投手が安定しているし、4番吉田、代打山口他打線も充実。安定感で本命としました。

対抗その1:初芝立命館
投手力:A
守備力:A
打撃力:A

エース木本投手は完投できる本格派アンダースロー。高校でアンダースローに挑戦するあたり頭と判断力の良さを感じます。

対抗その2:近代泉州

大阪は南北に別れたところで、激戦区なんですね。群雄割拠で甲子園出場校レベルに達してる高校が10校から20校はあると思いますし、この中で勝ち抜くのは甲子園ベスト8より難しいと思うわ。

特に南大阪代表には甲子園で勝ち進んで大阪のレベルの高さを証明して欲しいよ。

Sponsored Link

夏の甲子園2018・大阪予選の注目選手を紹介

北地区の注目選手

北地区は大阪桐蔭の主軸選手が、打撃力や投手力も調子悪くても結果を残すあたり、頭一つ抜けています。

藤原恭大選手(大阪桐蔭)左投げ左打ち 3年生

とにかくミートがうまく、打率の高い打者という印象です。

  • 身長182cm
  • 球速:140km

私の印象は、もちろん長打力もあるんですが、ミートがうまいイチロー選手みたいなバッティングです。さらに50m5秒9の俊足もプラスされる。

近畿大会成績:14打数8安打3打点と大活躍しました。実はピッチャーもできる!

根尾昴投手(大阪桐蔭) 右投げ左打ち 3年生

三振も多いが長打も多い。特に決勝とチャンスに強くスター性は高校球界トップ。動画は大阪大会決勝での満塁ホームランです。

近畿大会決勝でも、2打点の活躍して3-1で勝利してました。

  • 身長:177cm
  • 球速:147km

根尾選手は投打ともに主軸を担う高校球界の二刀流代表格。一番の特徴は、大舞台に強いこと。なぜか決勝戦では投打ともに大活躍するんですね。

オカルトになっちゃいますが、運命の力に支えられてるような気がしてしまう。さらに成績優秀とか。根尾選手見てると、私は「俺って一体・・」って思っちゃいますね。

中川卓也選手(大阪桐蔭)右投げ左打ち 3年生

  • 身長:174cm
  • 球速:138km

長打力があり、野球センス抜群。近畿大会12打数5安打3打点。とにかく高校野球レベルならどんな投手も苦にしなそう。しかもピッチャーもできる。

大阪桐蔭は主軸全員ピッチャーとしても好投手なんです。層が厚いので投げる機会はあまりないですが。

北地区は大阪桐蔭の選手ばかりになりましたが、他にも上げると柿木蓮投手や横川投手、山田選手等プロ注目選手がひしめき合ってるんですね。

履正社の西山選手、松原選手、岡田選手も注目しています。

南地区の注目選手

立石健投手(大体大浪商)右投げ右打ち 3年生

画像は、豪快なフォームの立石投手

  • 身長:183cm
  • 体重:73kg
  • 球速:140km

春季大阪大会準決勝では、堂々と大阪桐蔭の打者と渡り合いました。南大阪大会屈指の投手と言えるでしょう。

木本投手(初芝立命館) 右投げ右打ち

画像は、春季大阪大会準決勝・関大北陽戦の木本投手です。

対戦相手の高校はアンダースローは見たことないと思うんで、目がなれるまで打ちにくく有効だと思います。リリーフが揃えば甲子園強豪校を破ることも。

夏の甲子園予選・近畿地区の日程と予想はこちら
夏の甲子園2018・兵庫県予選の東西日程と結果速報!注目選手と優勝候補を予想

夏の甲子園2018・和歌山県予選の日程と結果速報!注目選手と優勝候補を予想や
夏の甲子園予選2018・奈良大会の日程と結果速報!注目選手と優勝候補を予想するで
夏の甲子園予選2018・京都大会の日程と結果速報!注目選手と優勝候補の予想をするねん
夏の甲子園予選2018・滋賀大会の日程と結果速報!注目選手と優勝候補の予想をするねん

夏の甲子園日程と予想はこちら
夏の甲子園2018の日程は?チケット発売日と値段の一覧表・購入場所を調査
夏の甲子園2018の出場校一覧と結果速報!注目選手と優勝候補を予想してみた

夏の甲子園2018・大阪予選結果速報

結果がわかり次第更新していきます。

北大阪大会
1回戦

2回戦

3回戦

準々決勝

準決勝

決勝

南大阪大会
1回戦

2回戦

3回戦

準々決勝

準決勝

決勝



まとめ

3年生最後の甲子園が始まりますね。春の選抜甲子園より夏の甲子園のほうが記憶に残るんですよね。

松坂大輔投手の横浜高校や田中将大投手の駒大苫小牧高校の繰り広げた激戦も思い出します。

横浜高校VS明徳義塾の準決勝で松坂大輔投手がテーピングをはずしてマウンドに向かう姿にはしびれました。プロ野球では得られない感動をくれるのが夏の甲子園なんです。

今年も絶対面白いし、生きる勇気をくれるんですよ。

今年も夏の甲子園は大阪大会予選から楽しむぜ!そしてモチベーション上げて、年収300万円台脱出だ!

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です